忍者ブログ
2018 05
≪ 2018 04 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2018 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



プロフェッツョナル

───今回はkobaさんに来ていただいたわけですが、「グランマバスターズ」とはどういう作品なんでしょう?


ギャルゲーですよ。他ブランドと遜色ない、うちが誇る立派なゲームです。


───登場ヒロインは全員75歳以上ですよね。どうしてでしょうか?


「ありえない」って概念を払拭したかったんです。幼馴染、妹キャラ、擬人化、神様、悪魔、あらゆるジャンルはすでに出し尽くした感さえあった。
でも、年上だけには開拓の余地があったんですね。年上といっても、精々主人公に近い年齢、先輩とかお姉さんとかじゃないですか。「あ、これはいけるな」と思ったんです。


───なるほど。ではヒロインが持つ魅力についてなにか


「輝き」ですかね。幼馴染は自分と近い位置にいて、だからお互いの気持ちに気付かない。妹キャラは主人公自身が恋愛対象としてみていない。そういったもどかしさ、王道としての恋愛が魅力でもあるんですよね。
ですが、高齢者だって立派な武器があるんです。長い人生で磨かれた経験と知識、それは誰にも真似できない個人だけの輝きです。そういったところに魅力を感じていただければ。


───ところで、ライバルブランド《タニシ・フォー・ロリ、ロリ・フォー・タニシ》についてなにか


……ライバルと呼ぶにはまだ遠いですかね。僕が未熟、という意味で。すでに任○堂を収入で上回るブランドですから、どれだけ大衆に受け入れられているのかは明らかですよ。
彼が凄い所は、どれだけ酷い評価を受けても「ロリ」から方向転換しなかったところにあるんです。並みのブランドなら、少しでも大衆受けしようと動いてしまう。しかし、自分は「ロリ」が売れると信じたから動かなかった。その姿にファンが付き始めたんです。とても真似できない。


───最後に、kobaさんにとって高齢者とは?


「宝」です。経験に裏づけされた魅力を持つ、最高のアイドルです。


───今日は本当にありがとうございました。


××
kobaプロフィール

京アニも本社を置く京都出身の19歳。幼いころよりロボットアニメに興味を持ち、二次元に足を踏み入れる。
いわゆる「王道」に対して並々ならぬ感動を抱くも、固定化されたポジションのキャラクターしか出ないギャルゲーに違和感を覚えて、ブランド「koba」を立ち上げる。
今回の「グランマバスターズ」は3作品目。「ヒロインは若者だけじゃない」を謳い文句に、全国各地を宣伝に回る毎日。





ダメですかね?

拍手[0回]

PR


この記事へのコメント

取りあえず俺残念だなw
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字






この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[03/16 田螺]
[03/05 田螺]
[02/28 眼鏡=せいらん]
[02/24 田螺]
[02/22 koba]
HN:
弓崎 羽清
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
きっと人生は、後悔と準備不足の連続です。
だから、やりたいことをしてから後悔しましょう。